お問い合わせ サービス

QPS Neuropharmacology へようこそ

QPS Neuropharmacology は、中枢神経系疾患、希少疾病および精神疾患の前臨床研究に注力している QPS 社の一部門です。 予測性が非常に高い疾患モデルの現場での可用性、および様々な規模の製薬会社向けに行ってきた研究における豊富な経験により、QPS Neuropharmacology は中枢神経系の創薬におけるニーズを満たす上で最も選ばれている企業となっています。

遺伝子改変および非遺伝子改変の有効な in vitro および in vivo 評価系は、アルツハイマー病(AD)、パーキンソン病(PD)、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、前頭側頭型認知症(FTD)、ニーマン・ピック病(NPC1)、ゴーシェ病、自閉症スペクトラム障害(ASD)、統合失調症、前頭側頭葉変性症(FTLD)および他の神経変性疾患や希少疾病のターゲットのほとんどに対応しています。

QPS は、世界的な医薬品開発業務受託機関(CRO)で、1995 年以降、創薬における前臨床、臨床サービスを提供しています。 当社の使命は、カスタマイズされた研究サービスを提供することにより、世界の製薬業界の進歩を促進することです。 医薬品開発業務受託機関業界において受賞歴も持つ世界的なリーダーである QPS 社は、実証された品質基準、技術的専門知識、研究に対する柔軟なアプローチ、顧客満足度、完全請負実験室・施設などで高い評判を得ています。

 

お客様の R&D 業界で当社とつながりましょう:

 
Science Exchange logo Scientist.com

当社をお選びいただく理由

  • お客様満足度は当社の最優先事項
  • お客様のタイムラインが当社のタイムライン
  • すべての研究をカスタマイズ
  • 研究設計およびデータ解釈に科学的情報を付加
  • 事実上すべての創薬ターゲットおよび治療タイプにおける広範囲の経験
  • 1 つのソースから包括的な複合的試験の実施を可能にする、幅広い範囲の実証された評価系および技術
  • AAALAC 認証による最高レベルの品質基準

AAALAC

Prof. Dr. Ludwig Aigner