MEET QPS AT AD/PD™ 2024; March 5-9, Lisbon, Portugal

In Vitro サービス

QPS Neuropharmacology は、遺伝子改変および非遺伝子改変の細胞株、グリア細胞、初代ニワトリ、ラットの末梢神経系および中枢神経系ニューロン(異なる発生段階)や器官型脳スライスなどを含む、数々の標準化細胞培養システムを使った in vitro 研究サービスを提供しています。 ご要望に応じて、新しい評価系の開発・バリデーションも行います。

当社の細胞培養システムでは、アルツハイマー病、パーキンソン病、ハンチントン病、虚血、および他の神経変性疾患や希少疾病の疾患関連病変を再現します。 加えて、薬物安全性のアッセイを実行し、セクレターゼ調整薬および阻害剤を試験する複数のシステムも使用できるようにしております。

お客様の研究プログラムをサポートするカスタマイズ戦略の開発をお考えであれば、是非当社にお問い合わせください。

  • 細胞培養モデル
  • 細胞イメージング & 細胞解析
    • 細胞生存
    • 細胞死
    • ELISA / MSD
    • 免疫蛍光
    • ウェスタンブロッティング / WES
    • マクロベースのソフトウェアソリューションを使用した自動細胞イメージング
    • For more information please visit our English page.
  • アルツハイマー病 In Vitro 評価系
    • Aβ-誘導毒性
    • Aβ ペプチド生成またはセクレターゼ阻害剤のスクリーニング
    • Aβ 凝集の判定
    • Tau 異常リン酸化
    • 低体温
    • in vitro のタウ凝集
    • For more information please visit our English page.
  • パーキンソン病 In Vitro 評価系
    • 初代 TH ニューロン
    • 初代皮質ニューロンおよび海馬ニューロン
    • 初代ヒト細胞
    • For more information please visit our English page.
  • 病変誘導 In Vitro 評価系
    • Abeta1-42
    • MPP+
    • 6-OHDA
    • BSO
    • シヌクレイン
    • H2O2
    • イオノマイシン
    • オカダ酸
    • NMDA 病変
    • グルタミン酸病変
    • ヨード酢酸
    • シアン化ナトリウム
    • 成長因子除去
    • For more information please visit our English page.
  • 神経可塑性
    • 神経発生
    • シナプス形成
    • 神経突起伸長
    • For more information please visit our English page.
  • 神経炎症
    • ミクログリアおよび炎症メディエーター
    • 酸化ストレスおよびニトロソ化ストレス
    • For more information please visit our English page.
  • ミトコンドリア関連アッセイ
    • ミトコンドリア活性(MitoTracker)
    • ミトコンドリア膜脱分極(JC-1)
    • For more information please visit our English page.

株式会社安評センター (BioSafety Research Center)までメール でお問い合わせの上、 QPS Neuropharmacologyとの試験についてご相談ください。

株式会社安評センターへのお問い合わせ

In Vivo
サービス

中枢神経系の創薬における CRO トップリーダーとして、QPS Neuropharmacology は遺伝子改変動物を使ったサービスを提供しています。 当社は、遺伝子改変疾患モデルの生成、特性化、維持、およびそれらモデルの薬品試験プロジェクトへの適用において、20 年以上の豊富な経験を有しています。
もっと詳しく知る

Ex Vivo
サービス

QPS Neuropharmacology は、神経変性疾患や希少疾病の分野におけるエキスパートです。 当社は、潜在的な治療法の新しいアプローチを試験して評価するための最先端の研究環境を提供しております。
もっと詳しく知る

バイオバンク

QPS Neuropharmacology の in vivo 評価系は十分に特性化され有効性が認められているため、中枢神経系の創薬を次のレベルに押し上げる上で有用なツールとなります。 当社の in vivo 評価系に由来する様々な検体を含む当社のバイオバンクのサンプル資料を使い、お客様の研究を喜んでお手伝いさせていただきます。脳細胞、脳脊髄液および血漿サンプルなど、様々な年齢層の遺伝子改変動物および非遺伝子改変動物の細胞をご利用いただけます。
もっと詳しく知る