MEET QPS AT AD/PD™ 2024; March 5-9, Lisbon, Portugal

病変誘導 In Vitro 評価系

QPS Austria offers several cellular models comprising primary neurons or transgenic and non-transgenic cell lines to mimic disease related conditions. Cellular models offer the advantage of a controlled environment useful for exploring single pathogenic mechanisms and the proteins involved. Our models are fast and cost-efficient. Customized models are generated gladly on request.

TH_MAP2
  • Abeta1-42
  • MPP+
  • 6-OHDA
  • BSO
  • シヌクレイン
  • H2O2
  • イオノマイシン
  • オカダ酸
  • NMDA 病変
  • グルタミン酸病変
  • ヨード酢酸
  • シアン化ナトリウム
  • 成長因子除去

Excitotoxicity

Excitotoxicity is the pathological process by which neurons are damaged and killed by excessive stimulation by neurotransmitters such as glutamate. This occurs when receptors for the excitatory neurotransmitter glutamate (glutamate receptors) such as the NMDA receptor and AMPA receptor are overactivated by glutamatergic storm. Excitotoxins like NMDA which bind to these receptors, or pathologically high levels of glutamate, can cause excitotoxicity by allowing high levels of calcium ions to enter the cell.

Excitotoxicity may be involved in stroke or traumatic brain injury and in neurodegenerative diseases of the central nervous system such as multiple sclerosis, Alzheimer’s disease, amyotrophic lateral sclerosis (ALS), Parkinson’s disease, and also Huntington’s disease.

excitotoxicity-figure_Glutamate-and-NMDA-induced-toxicity

株式会社安評センター (BioSafety Research Center)までメール でお問い合わせの上、 QPS Neuropharmacologyとの試験についてご相談ください。

株式会社安評センターへのお問い合わせ

バイオマーカー

QPS Neuropharmacology は、遺伝子改変疾患モデルの生成、特性化、維持、およびそれらモデルの薬品試験プロジェクトへの適用において、20 年以上の豊富な経験を有しています。
もっと詳しく知る

組織学サービス

QPS Neuropharmacology は、組織サンプルの採取から、実験手順および実験結果すべてを含む研究レポートの納品に至るまで、様々な組織学サービスを提供しております。 当社のアプローチは、お客様特有のニーズに合わせてどのようなサービスもカスタマイズできる、一連の手順構築ブロックに基づいています。 当社のワークフローにおいて、どこでも開始点または終了点として選んでいただくことができます。
もっと詳しく知る

バイオマーカー

QPS Neuropharmacology は、様々な疾病の解析に対応する幅広い範囲の分子生物学的解析方法を提供しております。 ユニットは QPS Neuropharmacology で行われる in vitro および in vivo 研究に対応していますが、外部の前臨床試験や臨床試験からの通常のサンプル解析も同じ手法で行われています。in vitro および in vivo の前臨床サンプル、および臨床サンプルにおいて同じ解析方法を用いることにより、研究プロジェクトのトランスレーション的価値が高まります。
もっと詳しく知る